毎日は保育園マジックで溢れている – なないろぷれす

なないろぷれす

ママのつれづれ日記 ママのつれづれ日記

ママエッセイ ママエッセイ

毎日は保育園マジックで溢れている

掲載日  2020年12月30日

執筆者  ヨッシー

こんにちは!

2人の娘が寝た後、一人で録画したドラマを見ることが毎日の楽しみ、ヨッシーです。

ある日突然、教えても見せてもいないのに急に「T(ティー)、TT(ティティー)」と

両手を広げて、ステップを踏み出した2歳の娘。えっ!!今!?と思ってしまった私。

 

印象に残るリズムと、単調で覚えやすいので、すんなり入ってきますが、気になって調べてみたら、流行ったのは約1年以上前でした。

なぜ娘が急にやりだしたのか……。

疑問はすぐに解けました。保育園です。間違いない。

 

 

保育園に通うようになってから、良くも悪くも(笑)本当に色んな事を吸収して、覚えてきますね。

家ではやった事がなかったトイレも、保育園ではオムツを濡らす事なく、きちんとトイレでできてしまう。

ご飯も残さず、苦手な野菜もキレイに食べて、ごちそうさま。これぞ!保育園マジックですね。お迎えに行くと先生からは、

「とっても良い子ですよ」と。

 

お友達との共同生活で、小さいながらも社会性や競争心など、たくさん身につけているんだなと、子供の成長が嬉しくもあり、

急に成長しないで~と寂しくなったり。

最近では、お友達の名前を覚えて帰ってきたり、「了解!出発!」と言い出したりと、これもある意味保育園マジックです。

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんの真似をしたり。特に親としては、言葉を真似されてドキッとする事も多いのではないでしょうか?

 

先日、近所で一人暮らしをしているおばあちゃんのお家に、娘2人と父とお散歩がてら行ってきました。

お茶のみして、他愛もない話をして、そろそろ帰ろうとした時。

おばあちゃんが「ほら、漬けたばりの漬物持っていけ」と父は「いいがら、いいがら(いらない、いらない)」と言った次の瞬間。

長女も「いいがら、いいがら」と真似をして言っていました。

 

これには、一瞬時間が止まりましたが、大人は大爆笑。

父は、へたな事は言えないなと反省していました。子供の吸収力、対応力には脱帽です。

 

そして、娘のTブームにはまだ続きがあります。ママ「Tだよ」と持ってきたものが、こちら……。

 

 

これをTと変換する発想力!!大人にとってはいつもの日常生活の中にある、ただのクッションが

子供にとっては「T」にもなり、おもちゃにもなる。

 

子育ては、緊張感あるサバイバルでもあり、ほっこり笑顔になる癒しでもあると私は思います。

執筆者アイコン

ライター

ヨッシー

2児のママ

一覧へ戻る