料理人のあの子のために・・・ – なないろぷれす

なないろぷれす

ママのつれづれ日記 ママのつれづれ日記

ママエッセイ ママエッセイ

料理人のあの子のために・・・

掲載日  2021年4月10日

執筆者  菅原

こんにちは。陸前高田市出身で現在は盛岡市在住、1歳9か月の娘の子育て真っ最中の菅原です。

 

何でも親の真似をする娘はおままごとが大好き!支援センター等のおままごとキッチンで夢中になる姿を見ていて、家でも遊ばせてあげたいと思っていました。でも既製品のおままごとキッチンは1万円以上するものも多く、なかなか手が出ませんでした。

 

そんなある日インターネットで手作りできることを知りました。4月からの勤め先が決まっており、専業主婦で時間を自由に使えるのも今のうち。リーズナブルでかわいいキッチンを作りたい!と夫と共に一念発起し、100均アイテムを使ってDIYにチャレンジしてみました!

 

<材料>

DAISO

・板材(450×250×9mm) 6枚

・MDF材(300×600×6mm) 2枚

・角材:工作材料(直方体p-9)

・ステンレスボウル(内径26㎝)

・蝶番(32㎜) 2つ

・紙やすり

・木ネジセット

・釘セット

・フェルト

・木工用ボンド

 

セリア

・戸の取手

・パンチングボード

・パンチングボード用フック

 

お好みでラッカースプレーやペンキ等。

 

使用工具、文房具

電動穴あけドリル、電動切断工具、ハンマー、ノコギリ、ドライバー、コンパス、キリ

 

頭で完成図を思い浮かべながら道具をそろえていざ作業開始!

 

が…しかし!!頭で考えていたほど簡単なものではなく、穴をあけたり、切断するのがなかなか正確にいきませんでした。結局叔父にアドバイスをもらって、工具を借りて何度も何度も微調整して形にしていきました。

 

そして出来上がったのがこちら!

100均で買える泡だて器やおたまなどの小さめの調理器具をひっかけ完成!自宅にあったまな板やおままごとセットは戸の中に収納しました。

 

出来上がったキッチンを見て娘は大喜び♪キッチンに飛びつき具材を「シャー」と言いながら洗い「ジュウジュウ」と炒め「はい、どうぞ」と大人気店の料理人張りの働きっぷりを見せてくれました。私や夫が見習いとなり、具材を手渡したり一緒に料理することも。娘の楽しむ姿が見られたので作った甲斐がありました!!

毎日寝起き10秒でお手製料理をふるまってくれます。(ちなみに戸には既に娘の落書きが・・・でもリーズナブルにできたからいっか!と思える。)

 

 

DIY初心者でも何とか無事完成させることができました。作ってみて計画や設計がとても大事ということが分かりました。(頭で思い浮かべるだけでなく、具体的に完成イメージを図示した方がいいと思います。)

 

今回はすべて100均グッズで作りましたが、カラーボックスや切り貼りが簡単な段ボールを用いて作る方法もあるようです。それぞれのレベルやお好みで材料を選んでみましょう。

作る過程は大変でしたが、完成品で遊ぶ娘の姿を想像しながら楽しくできました。

 

デザインを自由に決められるのがDIYのメリット。お子さんのために世界でたったひとつのオリジナルおままごとキッチンを作ってみてはいかがでしょうか。

執筆者アイコン

ライター

菅原

陸前高田市出身 盛岡在住

一覧へ戻る