なないろぷれす なないろぷれすへのお仕事依頼はこちら
水玉区切り

陸前高田がポジティブな地域であるために

掲載日  2022年8月26日

執筆者  くまちゃん

陸前高田市を拠点に活動する、一般社団法人トナリノ(以下、トナリノ)。地域の困りごとをサポートし、一緒に解決する団体です。WEBやチラシのデザインや制作、ICTや防災の人材育成、地域商品の販売やPR活動など、幅広い分野で活躍しています。

そんなトナリノを応援したいと、ご寄付を寄せてくれた会社があります。東京に本社を構える上場会社、ポート株式会社(以下、ポート)です。
トナリノを支援しようと思ったきっかけや思いを、ポートの代表取締役社長CEO、春日博文さんに伺いました。
                                                      (聞き手:熊谷蘭子)

きっかけは東日本大震災、そこから思うこと

――ポートは様々な社会課題の解決をしているということですが、具体的には何をしていらっしゃるのですか?

就職やリフォーム・エネルギーなど、社会的な課題を多く抱えていて、人生での体験回数が少ない領域において、ユーザーの意思決定を支援しています。具体的にはユーザーと事業者のマッチング事業になります。ユーザーの不安を解消する情報や選択肢の提供、意思決定の伴走をさせていただいている会社です。

――非日常領域での意思決定をサポートしてくれるのですね。春日さんのことも教えてください。

1988年生まれで、2011年に大学卒業と同時に当社を創業しました。
プライベートでは2児の父です。休みの日は子どもと様々な体験をしようと思い、いろんなところに出かけています。

――ポートはトナリノと何かの繋がりがあった訳ではなかったんですよね。どうしてトナリノを応援しようと思ったのか、きっかけを教えてください。

実は、WEBを探していたらたまたまトナリノを見つけたんです(笑)。
トナリノができたきっかけは東日本大震災ですが、その後もずっと地元の企業や人を支援していますよね。私は地域経済をより良くするには、地元の企業がインターネットやWEBを使えることが大切だと思っているんです。その支援を続けているトナリノの活動が面白いと思いました。

当社は創業当時、ちょうど震災の直後だったんですよ。その時我々にできることは何だろうと考え、被災した就職活動中の学生の支援を行いました。具体的には、「交通の便などが回復したら正式に採用活動を行う」、「オンラインツールを活用して採用活動をする」ということを、首都圏を中心とした各社に宣言いただくプロジェクトを立ち上げました。そちらにおよそ100社の企業が賛同してくれたんですよ。特に、当時はオンラインが当たり前ではなかったので、これだけの企業が参画してくださり、非常に驚きました。

陸前高田にも、震災から二週間後に就職支援で訪れました。そこで私にとって忘れられない景色があるんです。
“坂の上5メートル先は、桜が咲いていてとても綺麗な風景。その下は津波によってゾッとするような、悪魔みたいな光景”
こんなに隣り合わせなのに大きく人生が変わってしまう。人生いつどうなるかわからないということを実感したんです。
震災は私にとって、生き方を考え直すきっかけになりました。たった一回きりの人生を後悔しないように生きたいと思い、今もリスクを恐れずに経営しています。だからこそ、震災後から今でも活躍するトナリノに目が止まったのかもしれませんね。

――春日さんご自身が東北に思いがあって、ご縁に繋がったんですね。たまたま見つけたトナリノを応援しようという気持ちになった所にも驚きです。

私は個人的にも、NPOや社団法人の活動に寄付という形で参加することが多いんですよ。今は20歳の自閉症のアーティストのアートギャラリー運営にあたってのご支援をしながら、プロデュース活動をしています。課題解決が趣味というか、ライフワークなんですよ(笑)。今回も、少しでも何かお手伝いができればと思い、寄付という形を取らせていただきました。

「地域の相棒」を継続してほしい

――トナリノも課題解決をしている団体なので、共感されたのですね。今後トナリノがどのようになることを期待していますか?

地域を盛り上げていくには、元気な地元企業、そして雇用が必要だと思っています。そこでトナリノが、オンラインやWEB、マーケティングのノウハウを提供する。それを受け取った人が活躍し、また地元に還元していく。そうして循環していくのが面白いですよね。年を追うごとに地域が成長し、課題も出てくるでしょう。その課題も解決できる団体でいてほしいですね。

すでに「地域の相棒」として活躍されていますし、このまま継続的に活動していくと、きっと豊かでポジティブな地域になるでしょう。いつかそんな陸前高田に、子どもたちと一緒に訪ねるのを楽しみにしています。

ライター

くまちゃん

クラリネットと手芸が得意な2児のママ。イケメンを見ながらお菓子を食べるのが日々の楽しみなインドア派。陸前高田在住で、休日は子どもたちと大野海岸を散歩するのが好き。陸前高田市民吹奏楽団で、一緒にクラリネット吹ける人を大募集中!!