なないろぷれす なないろぷれすへのお仕事依頼はこちら
水玉区切り

私の癒しは意外なアレだった!

掲載日  2022年2月7日

執筆者  mary

家事や育児で忙しい日々に追われ、自分の時間がなかなか取れない。改めて趣味を見つける暇もない。そんな中で、私を癒してくれたのは、意外なことでした。世の中のママさん的には、嫌いな家事ランキングの上位に位置しているであろう、なんとアレです!

 

そう。それは掃除です!掃除と言っても、毎日全部の部屋に掃除機をかけ、床を拭いて棚を拭いて……なんてことは、私の場合は一切致しません。
ズバリ!「集中して一部を丁寧に」やるのです。どこをやるかはその時の気分次第。棚、洗面所、トイレ、床など決めた場所だけでいいんです。

 

我が家の場合は「子供が汚したら」を基準にしているので、毎日何かしらの形跡が必ず残っているんですよね(笑)ジュースをこぼしたり、ゴミが散らかっていたり。この「一部だけ掃除」を繰り返していると、あら不思議。気づいたら家じゅうがなんだか綺麗になっているではありませんか♪3分程度の時短で行うので、ストレスまで一掃しちゃう勢いです。面倒なときは、片付けのみの日だってあります。

 

それでも、一ヵ所だけやったのでは全然片付かないよーって日もありますよね。そんなあなたに朗報です!掃除機掛けがサクサク進む、ちょっとしたコツを伝授します。

 

使用するのは、
・掃除機
・支えている左手(左利きの方は右手)
ハイ、これだけです!

 

 

一見、ん?これだけで何ができるの~。と思ってしまいますが、支えているほうの手の向きにご注目!よく見ると、手の甲が上を向いているではありませんか。掃除機を支えるときって、大抵は手の平が上を向くように支えていますよね。その手をクルッ反転させて持つのです。

 

するとどうでしょう。体には余計な力が入らず、それなのに腕にはしっかり力が入って、タテ・ヨコ・ナナメどんな方向にも動かしやすくなりました。
この方法は、ホテルなどの清掃業務の方が実際に行っている方法だそうです。私も、スイスイ掃除機を動かせるのが快感で、一部だけ掃除に加え、楽しんで掃除機掛けが出来るようになりました。

 

子育てでイラっとした時や、疲れた時にリフレッシュのために掃除することもあって、いつしか掃除は、私の癒しタイムとなっていました。癒されるものは、意外にも目の前に転がっていたりするのかもしれませんね。

 

ライター

mary

大船渡市在住、わんぱく男子2児のママです。趣味はスノーボードとマラソン。特技は電卓の早打ちです。最近は、息子とのキャッチボールにハマっています。アウトドアもインドアも、新しいことにどんどん挑戦したいお年頃です!