家庭に咲く花であれ – なないろぷれす

なないろぷれす

ママのつれづれ日記 ママのつれづれ日記

ママエッセイ ママエッセイ

家庭に咲く花であれ

掲載日  2021年6月23日

執筆者  ちゃむ

ハハがご機嫌じゃないと家の中がギスギスする。そう感じたのは先日のこと。
家族の夕飯作りに離乳食作り。
これ以上離乳食が遅くなるとお風呂の時間が!寝る時間が!と一人焦っているのに、家族はまったりとして動かない…
イライラしてくる私。

 

心の中では叫んでいる
「言われなくても気がついてよ!こんなに忙しいのに!手伝ってよ!」
怒りはピークを迎え、無口になり、動作は乱暴になる。
私が怒っているのは分かるが、何に怒っているか分からない夫も不機嫌に。
不機嫌になった夫はお義母さんへの口調がキツくなり、お義母さんも怒り出す。

 

ここでやっと気がつきました。
負の連鎖を生んでしまった、私。
こんなことをしたかったんじゃないのに。ハハの機嫌って家族の雰囲気を作るんだなぁ。

 

いつもこんな笑顔でいれたらいいのに……。
毎日の共同生活の中で、ご機嫌を保つのは本当に大変。
「気がついてよ!」じゃないんですね。
私の頭の中のスケジュールは、他の人に分からない。伝えて、お願いすればよかったんです。

 

息子も、笑ってるママがいいよね。
明るい家族がいいよね。
笑顔に囲まれていたいよね。

 

5月上旬。
私宛に突然バラの鉢植えが届きました。
贈り主は実母。
送り先を間違えたのかな?そう思って電話してみると、「ハハを頑張っている娘達へ」と母親からの逆母の日!姉と兄嫁、私に贈ってくれたのでした。

 

嬉しくて嬉しくて、少し泣きそうになりながら感謝を伝えました。

 

鮮やかで、キレイで、可愛いバラの花。
見ていると気持ちが癒されます。
なんとなくですが、家族の中でもこんな存在でいたいな。と思うようになりました。

 

明るくなって、ホッとする。
そんな存在。
「ごきげんなハハ」を保つことは全然簡単なことじゃないですが、イライラしそうになったらバラの花を見て、我に帰ろうと思います。
執筆者アイコン

ライター

ちゃむ

住田町在住 男の子ママ

一覧へ戻る