子どもが育つとは – なないろぷれす

なないろぷれす

ママのつれづれ日記 ママのつれづれ日記

ママエッセイ ママエッセイ

子どもが育つとは

掲載日  2021年4月1日

執筆者  大ちゃん

どうも、20代の頃に保育士を6年半やっていて、現在託児屋さんを細々とやっている大ちゃんです。

 

 

ちょっと今回は『子どもが育つ』ということについて、私の考えを書きたいと思っております。
育児についてよく『子育て』と言われますが、私はこの言葉があまり好きではありません。
どこか「子どもを育てないといけない」と感じるからです。

 

そんなことはなく、子どもは〝自ら育つ力〟を持っています。
逆に大人が関わりすぎることで、子どもが自ら育つことを阻害してしまうことだってあります。

 

転んだ時に、小脇を抱えて立たせてあげる行為。
これは自ら立つ経験を奪っています。
1日1回立たせてあげると、月30回も自分の手足で立つ機会が失われています。

 

何か欲しがってる時に、アクションを起こす前に先回りをして色々と与える行為。
これは自ら考えて言葉を発する機会を奪っています。
これを繰り返して、幼児になった頃に「自分で考えなさい」「ちゃんと言葉で伝えなさい」は酷ですよね。

 

ただ、だからと言って放任するという意味ではありません。
大人は「子どもが自ら育つ環境を整えないといけない」と思っています。

 

育児は楽しいものであってほしいなと思っていますし(辛いこともありますが)、
育っていくことで表れる育ちは、子どもが小さい頃の環境によって表れることもあります。

 

なので私は子どもの育ちを支える『子育ち』という言葉を使うようにしています。
子どもが自ら育つ環境について、不定期ですがこれからつれづれ日記で書いていけたらと思っております。

ライター

大ちゃん

陸前高田市在住 託児屋 

一覧へ戻る